TSKゴム動力自動車コンテスト2019 10月27日 開催決定!

キッズ広場withゴム動力自動車コンテストは3年ぶりにリニューアルし、「TSKフェス2022withゴム動力自動車コンテスト」として、来る、2022年10月30日(日)もてなし広場に帰ってきます。 キッズ広場は、TSKフェスとして開催します。今回、初開催となりますが、群馬県内から多くのキッチンカーが出店します。様々なグルメを味わえる催しですので、「食欲の秋」を存分にお楽しみ下さい。 またイベントといたしまして、㈱原田和太鼓部「千寿」の太鼓演奏や、「高崎少年少女オーケストラ」による演奏。マーチングバンドの「Takasaki Green Crest」や「群馬県警察音楽隊」にはカラーガードも参加し、華麗なフラッグ演技で音楽隊の演奏に華を添えます。 「音楽の秋」を満喫してください。 更には、群馬県警と高崎消防署にご協力いただき、普段見れない緊急車両の展示も行いますのでお子様を連れてこの機会に是非ご来場ください。 そして、「ゴム動力自動車コンテスト」も3年ぶりに帰ってきます。2022年は関信越より高校や一般から11チームの参加を予定しており、ゴムを動力とした自動車をいかに早く走らせるかを競う熱い戦いが繰り広げられます。また、デザインも審査の対象となる為、各チームの個性も楽しみの一つです。 「音楽の秋」、「食欲の秋」、そして「ゴム動力の秋」、と秋の陽気を十二分に楽しめるイベントとなりますので、多くの方のご来場をお待ちしております。

過去大会動画

  • 2014ゴム自動車コンテスト
  • 2015ゴム自動車コンテスト
  • 2017ゴム自動車コンテスト
  • 2018ゴム自動車コンテスト
  • 2019ゴム自動車コンテスト

ゴム動力自動車とは

ゴム自動車コンテストとは?

「ゴム動力自動車コンテスト」は、ゴムのみを動力とした「究極のエコカー」とも呼べる自動車に人が乗り、走行距離やタイムを競うイベントです。
単に走ることのみを追求するのではなく、製作から走行まで、参加者全員が一丸となって生まれる達成感、その周囲の人たちを巻き込んで生まれる高揚感、こうした感覚を核に地域全体に
新たな盛り上がりを生み出す当会発のイベントです。

高崎市青年商業者研究会(TSK)とは?

高崎市青年商業者研究会は、昭和33年に高崎市内中心部の小売業の若手経営者有志が集い、
商業関係の勉強会及び意見交換を図るため発足しました。
市内で行われる各種事業へ参画するなど、商業者の視点から高崎市の産業の発展に
寄与することを目的とし活動しております。
事務局は高崎市商工振興課内に置き、名誉会長は高崎市長が歴任しております。

未来のエンジニアたちが集結!!

昨年は工業高校や工業系専門学校、大学等のチーム参加が多数あり、県内に留まらず、
栃木、神奈川、埼玉、新潟など多くの県外の学校にもご参加いただきました。
工業系の学校に通う未来のエンジニアたちが、普段の授業で身につけた技術をいかんなく
発揮する場として、新聞、テレビなど多くのマスメディアに取り上げられ、
注目を集めております。

ご参加いただいた学校関係者の声

・生徒が自分たちの案を出し出場に向けて取り組めてよかった。
・コンテスト出場という目標に向けて生徒達は自動車制作に一生懸命取り組むことが出来た。
・生徒だけでは制作出来ない事が多いが、形になった自動車で大会に参加することにより自分達にも出来るという自信がつく。
・完走出来て、ある程度のタイムが出ると達成感を味わう事が出来る。
・ものづくりの楽しさを味わう事が出来る。
・初めての制作は試行錯誤の繰り返しであったが、終わってみると色々覚えられて良かった。